大阪市天王寺区にある桃谷薬局では、不妊症・子宝相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシーサイトマップ
〒543-0041 大阪市天王寺区真法院6-11     

日本の医療 !

2014年9月21日

image我が国は高齢社会である。高齢になれば多くの病気を抱え多い。すると日本の医療では、一つ一つの病気にくすりが出される。そのためくすりがどんどん増えていくことになる。例えば、検査結果の異常値はすべて政治化しないと、気が済まないのか、すべての細かい問題を正常化しようとする。その結果、くすりの害の方が大きく出て、全体としては、患者さんの不利益になってしまいます。と東大の老年病学の    秋下雅弘教授は、5種類までに抑えましょう。6種類を超えると、副作用が15%ぐらいはね上がるとされている。高齢者の臓器は、全体的に衰えている。生理機能もから、くすりが吸収されて、体外に排出されるまでの代謝機能が低下し、くすりが長く体内にとどまってしまうそうです。腎機能の低下、多くの薬剤は、腎臓で排出されるようになっており、腎機能が半分しか働かないと、半分しか排出されない事になるそうです。

コメント






  • Blog(ブログ)