大阪市天王寺区にある桃谷薬局では、不妊症・子宝相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシーサイトマップ
〒543-0041 大阪市天王寺区真法院6-11     

市販のスナツク菓子や、清涼飲料には、添加物がいっぱい、、、、!

2014年8月28日

image保存料、、、パラオキシ   安息香酸など  ラットで肺炎、肝硬変、強い毒性、染色体異常。発色剤の亜硝酸Naと反応し発ガン物質が出きる。

強化剤、安定剤、、、、リン酸ナトリウムなど   体内にリンが多くなると、骨の成分を溶かす。

乳化剤、着色剤、、、、食用緑色3号同アルミ二ウレーキなど   染色体異常。ラットで発ガン。EU諸国で禁止。甘味料、、、サッヵリンna   染色体異常。ラットで子宮ガン、膀胱がん、アスパルテーム ラットで脳腫瘍、ウサギで骨格異常       酸味料、 膨張剤、変色防止剤、着香料、

食品添加物の中で、もっとも多く使いるリン酸塩は、体内のカルシウムと結合して体外に出す。だから体内のカルシウムが多量に奪われる。カルシウム不足は、アレルギーの原因となります。

糖分の取り過ぎ     清涼飲料水一缶(350ml)には、40.9g(スティック砂糖)14本分の砂糖が入つているものもある。肥満はカルシウム不足とアレルギーの原因。清涼飲料水の飲み過ぎで、急性の糖尿病になる子供や若い人がふえています。

コメント






  • Blog(ブログ)