大阪市天王寺区にある桃谷薬局では、不妊症・子宝相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシーサイトマップ
〒543-0041 大阪市天王寺区真法院6-11     

生薬の『心』の意味!NO2!!

2017年12月22日

心は「血脈を主る」とされている。夏の暑さには「心」が活発に働いて対応し、対応しきれなければ、動悸がする。同時に「息切れ」がしてくるのは、「肺」と協力して気血を巡らせているからです。

暑さで呼吸が浅くなれば、全身が酸素不足で気虚になり、足がつったりする。そこで気虚には『気つけ』が必要です。

鍼灸師   宮地つかさ  著

コメント






  • Blog(ブログ)