大阪市天王寺区にある桃谷薬局では、不妊症・子宝相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシーサイトマップ
〒543-0041 大阪市天王寺区真法院6-11     

脳下垂体の働きを悪くする??!

2017年2月10日

脳下垂体はホルモンをコントロールしている。

例えば、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモン、成長ホルモン、膵臓ホルモン(インスリン、グルカゴン)など。

下垂体の働きを悪くするものは、糖質.油脂の過剰ではないかと考えている。

例えば副腎皮質ホルモンからは、コルチゾールという炎症を抑えるホルモンが出ますが、食事で「糖質」「油脂」が多すぎると、腸内細菌叢のバランスが崩れ、腸で炎症を起こしやすくなる。

山村慎一郎著

コメント






  • Blog(ブログ)