大阪市天王寺区にある桃谷薬局では、不妊症・子宝相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

プライバシーポリシーサイトマップ
〒543-0041 大阪市天王寺区真法院6-11     

湧泉!

2017年1月30日

足先が寒さでかじかんでいる時、こたつ、足湯などで足が温まると気持ちまでほっとします。

このほっとする気持ちこそ、腎陽気が単なる保温のエネルギーではないことの証です。

足の裏の湧泉から足の少陰腎経が始まっていることと関係あり。

保温のために腎陽気が使われて、それだけでも「腎虚」になる。そこに疲れが加わると腎虚は加速される。

腎陽気は免疫力、回復力の正体でありますから、不足すると風邪やインフルエンザにかかりやすい。

コメント






  • Blog(ブログ)